150周年プロジェクト

私たち橋本建設は明治五年に建築を請け負う「橋本組」を設立して以来、一貫して住まいの新築、増改築を生業として参りました。そこには、土地と暮らしに適した「本物の家」をお届けし、長く住み続けていただくために責任を持ってその家を守る「家守(いえもり)」としての姿勢がありました。つまりは、建てた家がその役目を全うするまで見届けること。それが私たちの責務であり、五代にわたって受け継いできた精神です。

そのためには、いたずらに事業を拡大して手の届かない程遠くに家を建てるようなことはなく、お施主様といつでも顔を見てお話ができる範囲で事業を続けさせていただくことこそ、最大の義務であり社会貢献だと考えています。

これまで事業を続けてこられましたのも、こうした私たちの理念を理解してくださり、家を建ててくださったお施主様と、ともに歩んで来てくださった大工をはじめとする関係者の方々のおかげです。この場を借りて改めて感謝申し上げます。誠にありがとうございました。そして来る2022年には、創業150周年を迎えます。これを機に、ロゴマークの一新をはじめとして、私たちの理念をよりわかりやすく皆様にお伝えし、「本物の家」素晴らしさを蒙啓することで、これまで以上に地域や環境への貢献に努めて参る所存です。これからの橋本建設に、どうぞご期待ください。橋本 英俊

橋本 英俊

社是

わが社は人を育て、技術の向上に努め、顧客の信頼を得て、地域社会に貢献し、
社業の発展を図り、社員ならびに関係各位に、幸福と繁栄をもたらす。

橋本 英俊

社訓

一、 信用第一 約束厳守
一、 信頼第一 責務遂行