1. 資料請求
  2. お問い合わせ
  3. イベント予約
  4. サイトマップ
  5. 関連サイト
  6. 広島の土地検索
>
今月のメッセージ

橋本建設の家造り

 
 

今月のメッセージ

平成29年10月10日

 

広島で注文住宅の新築・増改築専門に事業歴145年目を迎えた橋本建設㈱取締役会長の河井です。いつも応援していただきましてありがとうございます。 

 

衆議院議員総選挙が始まります。
北朝鮮とアメリカが挑発合戦を繰り返している最中の解散総選挙です。国家の危機対応選挙だそうですが、何かすっきりしない意味不明の解散に思えてしまいます。
森友学園、加計学園問題で情報操作や情報隠蔽が露骨に行われた事は誰の目にも明らかなのに、「国難に際して些細なことは言うな」と言わんばかりです。
この隠蔽体質が日本を過酷な第二次大戦に向かわせた大きな要因ではなかったかと考える私は古い人間でしょうか?
保守本流を自負している私ですら、首相の周辺で行われている怪しい忖度は優秀であると信頼していた官僚を自ら使い捨ての道具のように切り捨てているように思わざるを得ません。
もっともっと当たり前のことを当たり前のこととして情報公開しないと、日本は70年前と何も変わっていない事になるようで、不安でなりません。

 

先日テレビでソフトバンクが進める再生エネルギーの「モンゴルの風力発電」や「中東諸国で行われている太陽光発電」の番組を見て驚愕しました。
原子力発電が陳腐な時代遅れのエネルギーに見えてきました。
発電コストが既に2円を切ったと報じていました。
日本では太陽光発電は20円以上なのに諸外国では1/10以下になって来ているとも報じていました。
私は原子力発電で得られるエネルギーは「悪魔のエネルギー」だと考えていますので、このテレビ報道は驚きでした。
そしてそれらのプロジェクトが日本主導で行われている事にも驚きを覚えました。
中国とロシアを仲間にしたプロジェクトですから、これらのしたたかな元共産国との国益をクリアしなければならない大きなハードルがある事が最大のネックのようですが、海底ケーブルで日本まで電気を供給出来るケーブル網は既にアジア諸国をネットワークで結んで電力供給計画として着々と進んでいると報じていました。
戦略的な国益をどう担保するかは国家間の最重要問題ですが、地球規模で考えますとエネルギー問題は人口問題と大きな関係がありますので、乗り越えられるハードルのようにも思えて、脱原発に明かりが見えてきたように思えました。

 

日々の仕事に目を戻しますと、「ゼッチ」という文言をお聞きになったことがあると思います。
「Zゼロ Eエネルギー Hハウス」
つまり日々の住生活でエネルギーを消費するのではなく、むしろ生産する住宅で生活しよう、という略語の意味です。
つまり地球環境における人類の課題は、地球温暖化を食い止めるためにも人類が地球上で生存し続ける為の省エネルギーの為にも、CO2の削減と化石燃料(石炭や石油など)の省エネルギーを推進する為に住生活を改善していこうという運動の略語です。
これからの住まいは耐震性能住宅・健康性能住宅と共に「ZEH」(ゼッチ)がキーワードになると思いますので覚えておきましょう。 

 

さて、プロ野球に目を移しますと、我らがカープはリーグ優勝を果たし、クライマックスに向けて調整中です。
唯一の心配は岡田投手とジョンソン投手の調子が上がらないことですが、その分、薮田、大瀬良、野村などの各先発投手がいます。しかし、何といってもエースと期待されている2人が追加されますと、より強力な投手陣になりますので、日本一奪取に向けて本調子を取り戻して欲しいものです。
阪神相手でも横浜相手でも打ち勝ってくれるでしょう。
日本シリーズに余力を残して突入したいので、攻撃で圧倒的に優っているところを見せて欲しいと欲張っています。
ではまた。


 

 

 

 

     

 

バックナンバーはこちらから